上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
3307446.jpg
↑の絵はゲームやアニメなんかのコンセプト画像じゃなくて、「Pixiv」というイラスト投稿サイトにUPしている方の絵です。この伝わってくる雰囲気ハンパないですよね。 
 最初は違う目的でこのサイトを漁ってたんですが、サムネ画像で「おっ♪」でした。(意味不w)

上記の「Pixiv」というサイトは一応、画像を見るは可能ですが、本来の大きさでの表示はできません。ユーザー登録が必要になるのでメンドクサイですが,たくさんの画像がUPされているので結構充実しています。                 
                  この画像の作者ページはこちらへ

スポンサーサイト
 
 さ~て、私はもうすぐ(5/6)18になります。
正直この春休みは就職やこれからの事とかでイヤになり、部活で気を紛らわしていましたw。
でも、やっぱり気になり部活中には腹がグルグル。。

 就職先は半年前からネットで狙いをつけていたのですが今年にはいって見てみると「2010年度の採用予定はありません」の一言。キツイw

 理想を言うなれば、専門学校に進学したいところですが、そんな経済的余裕も働きながらの継続も出来そうにはありません。 職に就けない方も居ますが、新卒採用で何処でもいいというのはあんまりだと思います。 あぁ~、どがんしたらええとだろか?

 



 
20090426-00000998-reu-bus_all-view-000.jpg
4月26日11時5分配信 ロイター
世代の環境対応車として注目されるプラグイン式のハイブリッド車。家庭のコンセントで充電できるプラグイン式の普及にはオバマ政権も力を入れる。
 一方で、コスト面やインフラ面が足かせとなり、米国で本格的に普及するには高いハードルがあるとみられている。 米政府はプラグイン方式の開発に力を入れており、オバマ大統領は2015年までに100万台のプラグイン・ハイブリッド車を普及させる目標を掲げている。オバマ政権が打ち出した景気対策の中には、バッテリー関連製品の製造・開発に対する総額約20億ドルの支援も含まれる。
 また、米ゼネラル・モーターズ(GM)が市場投入を計画するプラグイン・ハイブリッド車の「シボレー・ボルト」は、2010年後半にも市販されるとみられる。
 しかし、高価な大容量バッテリーを搭載する「シボレー・ボルト」の販売価格は、トヨタ<7203.T>のハイブリッド車「プリウス」に比べると約2倍の4万ドル前後になる可能性がある。
 プラグイン・ハイブリッド式バスでの実績があるノースカロライナ州立大学の専門家、イワン・プリチャード氏も「プラグインは完璧な解決策ではなく、最も安価にもならない」と語る。
 また、プラグイン・ハイブリッド車の充電には4─8時間かかるが、自宅やオフィスなど、さまざまな場所にバッテリー充電ステーションが設置される必要がある。
 充電ステーションを販売するクーロン・テクノロジーズの創業者、リチャード・ローエンサル最高経営責任者(CEO)は、米国内にはプラグイン・ハイブリッド車を充電できるガレージのような場所がある家庭は5000万世帯しかないと指摘する。一方、米国内を走る自動車の台数は2億5000万台に上る。
 さらに、現在最も安価なバッテリーはアジアで製造されているが、プラグイン・ハイブリッド車への乗り替えは、外国産の石油から外国産のバッテリーに交換するだけに過ぎないとの批判もある。
 今週オーランドで開催された代替燃料と乗り物のコンファレンスで、米著名投資家T・ブーン・ピッケンズ氏は「バッテリー車に乗り替えたとしよう。それで自分たちの助けになるかは分からない」とコメント。「サウジアラビアに原油で依存しているように、バッテリーでは中国依存になるだろう」と述べた。同氏は国内で採れる天然ガスで走る車を開発する企業に投資している。
 一方、米国には、自動車に供給するのに十分な電力はある。
 GMの電力インフラの専門家ブリッタ・グロス氏は、国内の発電所には、エアコン需要が急増する夏の一定期間を除けば、プラグイン・ハイブリッド車を充電するだけの余力はあるとみている。
 また、プログレス・エナジーのマイク・ウォータース氏は、供給者と消費者間で各種情報をやり取りする送電網「スマートグリッド」が使えるようになれば、電力会社からは課金情報も送られるようになり、電力需要の高い時間帯にプラグイン・ハイブリッド車を充電するのは避けられるとの見方を示す。
 プラグイン・ハイブリッド車の普及に向けてハードルは高いものの、台数が増えるに従い、問題を解決する企業も出てくるとみられる。 
 ノースカロライナ州立大学のプリチャード氏は「ポイントは実際にプラグイン・ハイブリッド車を走行させること。そうすれば問題がどこにあるか分かるし、そこから進むこともできる」と語っている。
 
 最近、ガソリンエンジンに触れる機会が多くなってます♪

部活のバイクと授業の課題研究実習。。

部活の方は去年に比べて外観(空力面)は変えました。しっかし企業ものは配線がややこしい。
キーシリンダーを取っ払ったら、ニュートラルのランプが消えちゃいましたw。エンジンかかってる時はおkですが、万が一チョーク引っ張ってエンジン掛けたらバイバイですww。
時期的にもうEVカーの方も着手する時期ですが、なんせ今回の必殺兵器はカーボンだけじゃないんで、あまり多くは語れないんです。軽量化がポイントなのは確かです。素材だけ聞けば、バカといわれてしまうような物。。ブツブツ

授業の課題研究はズバリ「ゴーカート製作」です。止まる、走る、曲がるための部品はそろえました。しかし、車体が小さい⇒旋回半径も小さくなる どうしてもデフを付けないと。どうやってかその仕組みを造ろうというのが今の課題です。
 

| Home |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。