上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
IMG_0272.jpg

秋吉台です。
タイヤをとりあえず2本だけ新調したので、皮むきがてらに熊本から山口まで仕事の帰りにそのまま行ってみました。
う~ん。アライメントと思っていたけど、ハンドリングがふらつくのはどうやらタワーバーというオーソドックスなアイテムが無いからだと思いました。(爆
たかがバー。されど大事な補強パーツ。。普段がヘアピン多いもので気付きませんでした。

XRも夏の行事に向けて燃調を合わせないといけません。
最近雨が多いし、毎日の寒暖の変化が激しいこの頃です。もうイジりだしてもいいかな
スポンサーサイト
 
ポン付けと思ってましたwww。(だって適合に載ってたし!)
ブレーキを踏んでもストップランプが点かなくて、配線入れ替えたりいろいろしたけど点きませんでした。
なんとなく常時の配線にストップランプをくっ付けたら光ったんで気付きました。

IMG_0294.jpg


同じテールランプにつながる配線でも、常時点灯=「直流電源」 ストップランプ=「交流電源」になっているようです。
交流はLEDが点かない電流なので、直流にしてやれば点くということです。

なのでこんなイメージで配線を繋ぎ直しました↓

画像1


リアブレーキのところだけ描きました。フロントも全く同じ要領です。
リアブレーキから伸びている配線は二本とも黒色の配線で、黒い接続口(カプラー)を境に配線は「黄・緑」と「黒」が見えていると思います。
なので、黒いほうの配線(交流)を切って緑の配線(直流)に繋ぐとストップランプが機能すると思います。黒い配線を切る場所はなるだけ緑色の配線に近い場所で切ってください。座席の下に配線の束がベスト。。

図の「黒」と「緑」の配線が繋がっている箇所の青い四角は「エレクトロタップ」という部品で、配線を切らずに電気をそこからもらえる部品です。ひとつ何十円程度の部品なので簡単に手に入ります。今回のは商品に同封されていたので買っていません。

続きを読む »

タグ : Ape エイプ XR 50cc 100cc バッテリーレス LED テールランプ 取り付け

 

| Home |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。