上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
こんにちは、こんばんは。
最近、エンジンオイル選びに楽しみがわいてきました。
というのも、先日シェブロン・シュプリームというオイルの価格安さと品質に魅せられてからのことです。
autoweb_chevron-supreme-10w40-1-0023968467258.jpg




それで今回は市販に出回っているオイルで多くのバイクユーザーが使われていそうなオイルを自分が使ったことのあるやつを以下に個人的な観点から勝手にレビューしてみましたw。





images.jpg
まず、最初に使っていたのがMotul300V 15W-50(国内版)です。言わずと知れた全合成の良質オイルですね。ベースオイルから化学合成までを高い品質で作っているやつです。1Lあたりが結構なお値段です。(\3,500)
XR50のハイコンプピストン等をつけていたバイクに入れていました。

514NGOxczwL.jpg
次に使ったのがCastrolPower1 10W-50です。これを入れた理由は四輪車に売ってあるCastrolEDGEというオイルの汚れの吸着性能です。ディーゼルエンジン車(トラックや大きい乗用車)にも使えるほどの汚れ吸着性能の技術をバイク用にも織り込んでいるというものなんで使用してみました。あとは価格です。(¥2,100)しかし、洗浄性能は良くてもエンジンの保護性能としては信頼性に欠けている気がしました。入れてすぐの期間はいいのですが次第にトルクがなくなるというかスムーズさがなくなってしまったような感じがします。

9307523093860.jpg
そしてPANOLIN 10W-50 STREETこちらはパノリンの代表商品ではありませんが、どのラインナップもベースオイルの出元(欧州原産)がハッキリしていて、それが質の高いものを使っているようです。知人の口コミでもいい意見が多いようで使ってみました。自分の感想では、普通に吹け上がるしトルク不足感やスムーズ感が無いというのは感じませんでした。しかしベースオイルが他オイルと比べて柔らかい性質なので、思っているより振動を強く感じます。並列4気筒エンジンには最高なのでしょうが、2気筒のNinja250にとってはなんかコレじゃない感が否めないですw。このオイルの特徴は油膜を保持しつつ、レスポンスを上げるといった感じですかね。うん、振動は強いよ。。

P1110011-1024x768.jpg
現在がMotul300V 15W-50(製造元フランス版)の並行輸入品です。国内版と何が違うかというとまず価格です。1L\1,780くらいで購入しました。あとはうろ覚えですがフタの開け方が違いました。オイルの色も国内版が琥珀色、現地版が黄緑色でした。色の違いに関してはかなり気になるのですが、詳細は解りません。おそらくコピー品防止などの目的でやっていると思います。入れて走ってみた感想ですが。エンジンを回しても全然ヘタりません。自分の走行シーンは最初に6kmのワインディング(アップダウンが激しい)→※※※km/hで2~3kmの直線→13kmの市街地走行になります。とくに不満を感じること無く走ってくれます。でも冬にこの硬さなので燃費は格段に落ちました。そして、入れてから2200kmくらいからエンジンの振動、アイドリング時のメカノイズが大きくなりました。シフトタッチ(変速操作)も入れる瞬間につっかえる感じです。トルクも0スタートで排気音の割りに弱く感じています。こういったインプレッションをちらほら他サイトさんでも見かけるので、そういうもんみたいです。短期決戦型の勝負オイルですね。

そして次に検討しているのが、シェブロンなんです。鉱物油で自動車用と記載がありますが、摩擦低減剤を含んでいないのでバイクのクラッチにも安心です。以前いろいろと教えて下さる師匠さんから聞いたことですが、採掘される原油が良いモノならば部分合成でもある程度の性能は期待出来ます。日本での部分合成油や全合成油と言えば中東から採れるものをベースオイルとして使っているものが大半で質はあまり宜しくありません。

逆に良いオイルというのは北米のペンシルバニア産が代表されます。最近は枯渇が懸念されているので値段が上がっています。PENZOILがそうらしく、今では輸入品で取り寄せれますが、戦時中のレシプロ飛行機用に使うものだったおこぼれを貰っているので、入手が困難になると思います。
お師匠さんのショップでは○ルシェ、ラ○ボル○ーニなんかのユーザーさんやチューニングカー等にPENZOILを自ら入れにくるそうです。

鉱物油は全合成とは違い、温度上昇しすぎても冷却すれば粘度が元に戻ります。上限温度を超えたとしても、対処できますので、ターボ車なんかには助かります。
しかし、カーボン等の汚れが溜まり易いので、早い時期での定期的な交換が必要です。しかし、エンジンをよく回す人にとってはロングライフなオイルだと思います。全合成は酸化(長期間の使用)してしまうと極端に粘度が下がってしまうのでエンジンへのダメージが心配になります。
私は今回、シェブロンとSuperZOILを使用しています。オイルが安価になったので、一回\3,000~4,000で交換できるようになります。鉱物油は科学物質の調合をしていないので添加剤の効果が出やすいそうです。

ニューテックさんやオメガオイルさんは値段の次元が違うので、一般走行にはもったいないですねw。
性能はおそらく抜群に良いです。シーンに見合ったコスパをお考えください。。w

バイクは回してナンボみたいなところがありますので、保護性能の高いオイルを自分は選びます。
シェブロンは自分の欲しい性能が揃って、なおかつ日本では怪しいと思われるほど安いのです。(1L/¥380)
バルボリンも有名ですが、まずはお試しでシェブロンを入れてみます。
スポンサーサイト
 

| Home |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。